キヨカの秋パフェ

今朝の旅サラダで、田中圭君が米沢来てたー!
デザートに食べていたキヨカの秋パフェが食べたくなり、いただいてきました
上は甘栗&栗ジェラート、3種のブドウ、下には柿…だけかと思いきや、リンゴやラフランス・ナシが!?
秋満喫で満足ー☺️💖

石田ゆり子さんのアナザースカイ『パリ』

石田ゆり子さんのアナザースカイ『パリ』🇫🇷
素晴らしかったー!!
名言いっぱい出てた💡
・「素敵な靴は、素敵なところに連れて行ってくれる」
・「人生の素敵なことは、これから先につまっている」
ゆり子さんって、外見も素敵だけど、内面もとっても素敵な女性だなぁって見ていて思いました。
あんな女性になりたいな😌💖

フィーカ

先日の世界ふしぎ発見!でリリコさんが紹介していたスウェーデン文化の「フィーカ」。
あ~私もフィーカ好きだわ、って思った。

フィーカについて書いてあるサイト↓
https://coffee-varistor.com/3724/

フィーカは仲間と絆を深める、コミュニケーションツール
月曜は仕事帰りに、カフェウルスブランでよくフィーカしてます🍮☕️💖
こういう欧風文化は、しっくりくる😌
今日も仕事帰りに梅花堂さんからショコラ系のガトーを購入して、家族でフィーカしました🎵

 

実写アラジン(字幕)観てきた

いや~いい映画だね…!
もうね。最初の、海の上をサーっと写す所からワクワクするもんね😆
楽曲もいいし🎵

アラジンが最後の願い、ジーニーを自由にする所は泣くよね(T_T)
最初のアレが、こうなっていたとはね!
面白かった~☆

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~

という面白い医療ドラマをみている。
私の場合、ドラマではなく、より身近。
あ~あの造影剤CT、造影剤入れるとカアッとあつくなるんだよな~受けたくないよねぇ…とか。
今回は、乳癌検査がテーマで、デンスブレストも取り上げられていた。
初期に見つけられても全摘出なんだよなぁ…悲しいなぁ。
複雑である。

メリーポピンズ・リターンズ

楽しみにしていたこの映画、観てきました光るハート
この映画を見るために、数年ぶりにTSUTAYAで前作DVDを借りて観たほど!
でも、借りて大正解でしたぴかぴか(新しい)
登場人物同士の関係性から、義足のスミスから(笑)
前作を観ていないと、面白味が半減かなって思いますね。

そんなこともあり、何かメリーが登場しただけで感涙涙
メリーポピンズって、今の年代だからこそ面白いかも。
最初にメリーポピンズを借りた時は、ビデオテープだったなぁ。
と言っても、十数年前かと。
でもね、2回目に見た時(この前)の方が、面白いと感じたのよね。
いや、前回もそれなりに面白いを感じたんだけどさ(笑)

メリーポピンズは、劇中のショーとしても楽しさもある。
ポーズとかカッコイイと思ったし、メリーポピンズ役でダンスしたら楽しいだろうなぁ…!と思ったりしてるんるん

それに、毎回家族に平和がやってくるまで一緒にいて、平和がやってきたら帰る。
…もう泣ける涙(笑)

個人的にはボヘミアンラプソディーよりメリーポピンズ光るハート
ディズニーらしい世界観、好きだなぁ。
前の仕事をしてる頃、ヨークのレジの人に『夢見る夢子ちゃん』と言われたことあるので、何というかトーンというか周波数が同じなのかもしれない(笑)
改めていい映画ぴかぴか(新しい)
吹き替えしかやっていなかったけれど、いつか字幕で観たいな~電球

こんな夜更けにバナナかよ

今日は『こんな夜更けにバナナかよ』観てきました。
ノンフィクションのこの映画。

観る前に、実際のボランティアの方々のインタビューや、鹿野さんを取り上げた番組を見ていたこともあり、面白かったです。
アメリカの車いすで障害者の自立支援運動を提唱する、エド・ロングさんに影響を受けて、生活が変わった鹿野さん。

映画を観て、鹿野さんのセリフの端々に、海外の人のような自立した精神を感じました。
母子のやり取りは、いかにも日本人だったけど、そこがまた感動でした涙

気管切開して人工呼吸器してるのに、喋れるようになるとかホントアンビリバボーexclamation ×2
そして、”入院時に聞いていたあの音は、同じように人工呼吸器をつけていた状態のおじいちゃんだったんだな”と確信しました。
よく夜中に「…あー!…あー!」と、痰をとってくれってアピールしていて。
痰を取る音も、全く同じだった。
病院って、入口閉めないから、全部音丸聞こえでね。
その方の病室には勿論入ったことないので、この映画を通して、”そんな状況だったんだ…”って知ることができました。

病院って、健康な人がいないわけだから、入院していると”あの方、大丈夫かな”とか心配したり、不安な時に不安になることがとても多い。
だから、”家で何も心配しないで寝れるのって幸せだな”とか、点滴交換の機械音とかじゃなくて、自然の音(カエルの鳴き声・鈴虫の音・水の音)が聞こえるのが幸せだな、とか、安心して寝れるのが幸せだなって思いますほっとした顔ぴかぴか(新しい)

いやしかし、あの時代に「助けて」という勇気を持ち、自立生活をして、同じ境遇の人達に希望を与えた鹿野さん。
素敵だなぁ。
夢を持って生きていたのも、とっても素敵だった。
また図書館に原作本があったら借りたいなぁ、と思いました電球

Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald

観てきました👀
勿論、字幕で。
前作はTVでチェックしたてなので、記憶が薄れる前に!

今回はパリが舞台というのも観たいと思った要因の1つ🎵
3つくらいはフランス語聞き取れた。
簡単なフランス語(笑)
・Bonjour monsieur という挨拶
・Qui est la? そこにいるのは誰?という意味
・Allez-y どうぞ と、入るのを促す言葉

タイトルのCrimeを辞書で引くと、犯罪・悪事。
てことは、グリンデルワルトの犯罪 もしくは、グリンデルワルトの悪事 っていうタイトルに。
こっちは英語ね。(笑)

あとはズーウーがめんごがった💖
猫みたいだった🐱
若きダンブルドアに扮するジュードロウも、かっけがった!(訛り過ぎ。笑)

一緒に観に行った弟と
「あれは絶対、続編あるな」
と話してきました。
次の舞台は、オーストラリアかな😁

日日是好日

今日は母と楽しみにしていた映画を観に
行って来ました。
樹木希林さんが出演している映画ですね。
最初はクスクス笑えて、後半は涙が…。
以下、ネタバレ注意。

茶道のお話なのですが、Eテレでチラホラ
見ていたので、”あぁ、炭点前だな”とか
わかって楽しかったぴかぴか(新しい)

開沼先生のお花レッスンでも良く触れる
二十四節気。風水でも馴染みがあります。
この二十四節気も、よく出てくる映画です。
その中でも、一番印象深かったのが、
『立春』。
寒さの一番厳しい時に、春を思う心。
ちょうどヒロインも人生の冬のような辛い
時であり…。
お点前の前にいただくお菓子も、土の中
から植物が芽吹く様子をあらわした物で。
”辛いことがあったけれど、これから春が
来ますよ”という、暗黙のメッセージや心
遣いに涙涙書いてても泣ける涙

樹木希林さん演じるお茶の先生は、口では
言わないけれど、映画を観て、そういう何気
ない心遣いで応援しているように感じました。

ヒロインの就職試験の前には、必勝祈願の
『達磨』の掛け軸。
暑い時には、涼を感じるように『滝』。
『聴雨』のお軸も、ヒロインが視線を向ける
前に気付きました。

それから、一期一会の覚悟。
同じ顔ぶれで、同じような茶事をしても、
一つも同じことはないんですよ、と。
歴史ある茶道。利休の頃にも思いを馳せ、
当時は電話も飛行機も自動車もなく、友達
が明日には殺されて、もう二度と会えない
かも知れない時代。
だからこそ、この時に全身全霊を込めて
おもてなしする。

それと、雨の音に耳を澄ませ、夏の暑さ、
冬の身の切るような寒さを感じ、雪を眺め
る…という感覚が、日本らしさというか、
俳句にも通ずる感性の豊かさを感じました。
四季を味わうって、それを感じることが出来
るって、豊かなことですよね。
心が豊かじゃないと、感じられないかも知れ
ない。

ヒロイン達が初めて茶道教室に来た時も、
薫風の掛け軸が、歓待を表していて素敵
だったなぁぴかぴか(新しい)

他にも静かだけれど、面白みのある映画
でしたよ。観て良かった映画です。
原作本は、もっと面白いんじゃないかな?
読みたくなりました。

若ノ城の腎臓移植より

今日TV番組で、沖縄出身の元力士「若ノ城」が
11年前に腎臓移植したことをやっていた。
63歳の母から腎臓をもらうって、医者に行った
時にはもう腎不全だって…
誰か(私)のこと言ってるみたいだった。
違うのは、彼は18歳から糖尿病を患っていた
ということ。
腎臓病になる3大原因としては、高血圧・免疫
異常・糖尿病があると大学病院で聞いた。

番組で気になったことを1つだけ書こうと思う。
若ノ城は11年前に腎臓移植手術をすることに
なったんだけれど、63歳のお母さんに先生は
「高齢の移植はリスクが伴うから勧めない」
と言っていた。
でも、私の時は(母同じ年齢だけど)、全然
そんなこと言われなかったよ(笑)
多分、重要なのはドナーの腎臓の元気さ。
そこも事前にちゃんとチェックして、ダメなら
先生ができませんって言うし、出来るならOK
が出る。

若ノ城や私のように、家族から腎臓をいただ
いて移植するのが「生体腎移植」。
脳死や心臓死になられた方から腎臓の提供
を受けるのが「献腎移植」。
献腎移植だとお金もかかるし、平均待機期間
は、15年だそう。

あ、あと若ノ城は薬が1日20錠と言っていた
けれど、私はそこまでじゃないなぁ。
朝夕合わせて…半分の10錠くらいかと。
チラッと画面に写ったのでは、セルセプトが
多い気がした。
体重差もあるのかもな~。

より以前の記事一覧

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ